False tooth義歯治療

歯を失った多くの場合、よく知られている治療法として義歯があります。義歯とは、いわゆる着脱式の「入れ歯」のことです。

しかし、その一方で「うまく発音できず、人と話すのが辛い」、「口を開けた時に、金属のバネが見えていないか気になる」、「入れ歯が合わず、食べたいものが食べられない」と義歯に対する不満を抱えてらっしゃる方も多いのかもしれません。

事実、私自身がその様な患者さんを多くみてきました。当院では、つけている事を忘れてしまうくらい違和感がなく、よく噛める入れ歯の治療・作成を目指し、日々努力しております。また入れ歯に関するご相談も随時おこなっておりますので、お気軽にお声かけください。

入れ歯の種類

入れ歯の種類は大きく分けて2つあります。歯が全てなければ「総入れ歯」、歯が1本でも残っていれば「部分入れ歯」を作成する事となります。また、 健康保険が適用される入れ歯以外にも、保険が適用されず自己負担が必要となる素材・技術の入れ歯も存在します。ここでは、入れ歯の代表的な種類を一部ご紹介いたしますので、治療の際のご参考にして頂ければ光栄です。

生体親和性に優れており金属アレルギー反応もおこらない、体に優しい入れ歯です。
また、熱伝導がよいため食べ物の熱が伝わり、違和感をあまり感じずに食事を楽しむ事ができます。

床の部分にゴールドを用いた義歯です。ゴールドは腐食による変色が起こらず、精密な加工を行いやすい金属です。美しいだけではなく、丈夫で長持ちするといった特性を持ち合わせています。

保険適用のため、とても経済的です。しかし、プラスチックは精度を高く作るのが難しく、義歯が合わず痛みや違和感が伴う場合があります。カウンセリングや検査をしっかり行うことが大切です。

金具のない・軽くて割れない入れ歯、「スマイルデンチャー」

スマイルデンチャーとは、弾力性のある特殊素材(スーパーポリアミド)を用いた金具を使わない審美的に優れた入れ歯の事です。入れ歯をお使いの多くの方を悩ませている「金属のバネ」がないので、見た目がとても自然です。また「健康な歯を削る必要がない」「装着時の違和感が少ない」「割れにくい」などの優れた様々な特徴を持っています。

入れ歯で痛む「3つの原因」

入れ歯を使い始めると、誰もが一度は経験するのが、入れ歯と歯ぐきがぶつかって痛くなる通称「あたり」と呼ばれる現象です。入れ始めは、多少の違和感を感じても2~3日で慣れ始め、痛みもそれに伴い治まります。しかし、概ね1週間程度様子をみても、改善が見られないようであれば、そのまま慣れる可能性は低くなります。またそこまで痛くなるほどの「あたり」は、再調整が必要不可欠です。
ここでは、入れ歯で痛くなる原因の中で、特に多い3つの原因について解説していきます。もしお心当たりがある方は、我慢せずかかり付けの歯科医師にご相談ください。


咬み合わせ時のバランスのズレ

歯が痛む最も大きな原因は、入れ歯部分で噛んだ時に、入れ歯が歯ぐき部分を押し、痛みが走るといったケースです。痛い入れ歯でも、噛まなければ痛くなかったりするのは、このためです。咬み合わせた時に生じる力を、入れ歯がバランスよく分散するのが理想的です。力が均一に加わるようにできれば、痛みの発生を最小限にとどめる事が可能です。


土手の歯ぐきと入れ歯の内面の不適合

歯が失われていく順番によっては、土手と呼ばれる歯ぐき( 歯の抜け落ちた後の歯ぐき)の形が極端に凸凹になっていることがあります。尖った部分などがあると、噛み合せ時の力が均等に分散されにくくなり、痛くなることもあります。さらに歯ぐきにぴったりと密着していない入れ歯を使用していると、特定の部分のみに力が加わるため「あたり」やすくなります。


粘膜や形態などの影響

土手のような歯ぐきの部分痩せている場合、入れ歯が安定しにくく、動きやすいため、すれやすくなります。歯ぐきの粘膜が薄い場合、クッション効果が少なくなり「あたり」やすくなります。唾液の分泌が少ない場合、潤滑効果が少なくなって粘膜が傷つきやすくなります。加齢によるこれらの影響は、入れ歯が「あたり」を引き起こす原因となります。

診療時間 午前:9時半〜12時/午後:14時〜19時
モバイルサイト http://www.nanahoshi-dental.com/m/
患者さまの声
Copyright(C)NANAHOSHI DENTAL All rights reserved.