Pedodontics小児歯科

「歯医者は痛い・怖い」…と行くのを怖がるお子さまが多いと思います。しかしながら、子供のころの生活習慣というのは大人になっても引き継がれがちなので、お口の中の環境にとっても大事な時期といえます。そんな大切な時期での診療だからこそ、当院ではお子さまとのコミュニケーションを大切にし、「歯医者=怖い」というイメージを与えない診療を心がけています。

イメージ

乳歯について

乳歯はお子さまの発育にとって大きな役割を担っています。どうせ抜けるから虫歯になっても平気だという考えは大きな間違いです。
ここで、その乳歯の役割について簡単に説明させていただきます。
まず、乳歯は後から生えてくる永久歯に大きな影響を与えます。永久歯は乳歯の誘導によって生えてくるので、あるはずの乳歯が虫歯のせいで通常より早く抜けてしまうと、永久歯が正しく生えてこなくなるために歯並びがわるくなってしまうと言われています。
乳歯は、一般的に前歯が6歳から8歳くらいにかけて、奥歯がだいたい10歳前後から12歳くらいにかけて生え変わっていきます。この成長期の間に、子供は噛む事で発達に必要な栄養素を効率よく吸収し成長していくので、虫歯で歯が抜けてしまうと成長に大きな影響が出てしまうと言えるでしょう。
また、幼児期は多くの言葉を学習していく時期でもあります。歯が健康である事で正しくはっきりした発音が可能になるのです。 このように、お子さまのお口の健康は成長に大きく影響することが多々あります。早期発見や予防のためにもぜひお子さまにも定期検診をおすすめします。

乳歯の役割

お子さまの予防歯科〜シーラントで虫歯予防

シーラントの様子

シーラントとは、歯ブラシの届きにくい奥歯のかみ合わせ部分の溝を薄いプラスチックで塞ぐ虫歯予防です。シーラントは一般的にお子さまの第一大臼歯に施される事が多くあります。それは、お子さまの第一大臼歯が5歳から6歳頃に生え始め、奥歯で磨きにくいうえに、この時期のお子さまでは自分で十分な歯のケアができないことが多く、とても虫歯になりやすいためです。シーラントが虫歯予防に効果的とはいえ、正しい歯磨きをしなければ虫歯になってしまいます。予防歯科と日頃の正しい歯磨きを組み合わせることで、お子さまのお口の健康を維持していきましょう。

お子さまの予防歯科〜フッ素でつくる強い歯

フッ素とは、元素のひとつで海水や植物、動物などありとあらゆるものに含まれてきたものであり、今現在では物質として唯一、歯の質を良くして虫歯に対する抵抗性を高めると認められているものです。
フッ素は歯の組織に染み込み酸に強く硬い歯にします。生えたての歯は、柔らかく虫歯になりやすい状態ですが、フッ素がより効果を発揮する期間でもあるので、お子さまへのフッ素塗布はおすすめです。

フッ素の働き
診療時間 午前:9時半〜12時/午後:14時〜19時
モバイルサイト http://www.nanahoshi-dental.com/m/
患者さまの声
Copyright(C)NANAHOSHI DENTAL All rights reserved.