Prevention予防歯科

一生自分の歯を保つことは、なかなか難しいものです。日本では、多くの方が年齢とともに徐々に歯を失い苦労されています。

しかし、予防歯科先進国のスウェーデンでは、国民の約9割以上が定期検診を受け、その結果70歳の平均残存歯数が20本というデータが出ています。

当院では、虫歯や歯周病で悪くなった部分を治療するだけではなく、健康な状態を維持する事が最も重要であると考えています。「悪くなったら歯医者に行く」ではなく、「悪くならないために歯医者に行く」と意識と行動を変えることが、歯を守る最大の予防策なのです。

定期検診の重要性

日本人の70歳時の平均残存歯数は、他の先進国と比べても極めて低く、残念ながらたった8本といった結果が出ています(予防歯科先進国のスウェーデンでは20本)。日本においては「年を取ったら歯は悪くなって当たり前」といった感覚が、未だに強く根付いている証拠なのかもしれません。しかしそのまた一方で、多く自分の歯を残している人がいるのも事実です。
その違いは一体何なのでしょうか?調べてみると、定期検診を「受けている」のか「受けていない」のかの違いだということが解ってきました。

一人平均残存歯数の比較

上記の図からもお分かりのように、1~2ヶ月に1回、定期的に歯科医院で予防歯科のためのメンテナンスを受ける事により、残存歯数が飛躍的に伸びるのです。悪くもないのに歯医者に通う。これは一見不必要で面倒なことのようですが、その価値を知りその気持ちよさを経験した人にとっては、生活の一部・習慣と成り得えます。自分の歯を自分で守る正しい習慣をぜひ身に付けましょう!

ブラッシングワンポイントレッスン

歯の予防には、なんといっても日頃のケアがとても大切です。
歯磨きの際にも正しいブラッシングをしなければ、効果は半減してしまいます。ここではポイントを踏まえたブラッシングの仕方を、少しご紹介したいと思います。
しっかりとしたブラッシングを身に付け、健康的で丈夫な歯を、自分自身で手に入れましょう!


リラックス

一生懸命に磨こうとする余り、ゴシゴシと強過ぎる力で磨いてしまっているということがあります。その結果、お子さんの場合は歯磨きは痛くて怖いというイメージを持ってしまいます。まずは親子ともにリラックスするようにしましょう。無理やりするより、奥まで楽に磨くことができます。お子さんの動きと呼吸に合わせ、力が抜けたときにすかさず磨くのがコツです。

ブラシの持ち方

歯ブラシは鉛筆を持つようにして持ってください。
そうすると自然と力が抜け、ちょうど良い力で磨くことができます。

ブラシの動かし方

歯ブラシを歯と歯茎の間に45度程度の角度であて、細かく動かします。歯ブラシが1mm位の幅を往復するようなイメージで磨くと磨き残しもすくなく、心地よいはずです。虫歯のできやすいところを重点的に上下の奥歯の噛み合わせの部分、歯と歯の間、歯と歯茎の境目が虫歯になりやすいと覚えておくとよいでしょう。

歯のクリーニング

紅茶やコーヒーの成分などによる歯の汚れをとり、本来の歯の色に戻す治療です。プラークの付着、虫歯、歯肉炎の発生を抑えることで、歯科疾患の予防にもなります。初期虫歯への再石灰化促進、カルシウム補給、歯肉炎の抑制の効果もあります。

診療時間 午前:9時半〜12時/午後:14時〜19時
モバイルサイト http://www.nanahoshi-dental.com/m/
患者さまの声
Copyright(C)NANAHOSHI DENTAL All rights reserved.